節約

2021年度の支出振り返りと2022年に向けた取り組み

毎月おおよその支出管理はマネーフォワードアプリで確認していますが、2021年に使ったお金はどれくらいかという確認はしていませんでした。

そこで2021年度の支出振り返りと2022年に向けた取り組みを考えていこうと思います。

2021年度の支出割合

出し惜しみせずに支出割合を出します。2021年度は合計でだいたい160万円くらいでした。医療費や自己投資にお金をかけてたので仕方ないところがあります。

2021年前半はまだまだ節約できるところが洗練されていなかったこともありますが、これでも投資資金を確保しながら生活用の口座はお金が少しずつですが増えました。

2022年度の予算管理

2021年度の支出をさっくり確認したあとは2022年度の予算管理になります。ざっくりでも良いのである程度見通しを立てておきたいところです。ただし、あんまりこの予算に固執しすぎるとストレスのない、気軽な生活ができなくなり、お金に縛られる事になりますのであくまで目安として考えます。

大体120万円くらいでしょうか。生活費や家賃などは削れないため、医療や自己投資を少し削っています。医療に関しては2021年初めに継続していた支払いが終わっただけなので今後発生することはありません(病気とかでもないです)。自己投資に関しては趣味の面も入ってますので趣味の方を少し削っています。というより2021年が少し使いすぎてただけなのでこれが正常くらいなイメージです。

上記2つを削減して家賃や生活費の割合が変わってますが、全く問題ないレベルとなります。

まとめ

予算管理というと難しいように見えますが、前年度と比較してこの1年で支出するであろうというあくまで目安として捉えると気軽に行えます。

自身の支出管理を徹底することができればそれだけ必要なお金は減りますし、その分投資に回すことができて素早く資産形成できることは間違いないです。

ギリギリの予算を持たずにある程度バッファを持つようにしておけば達成しやすいですし、来年度の確認のときにもう少しだけ節約を頑張ろうという気にもなれますのでおすすめです。

☆日々の継続こそが心身向上の糧☆

クリックが励みになります☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA