自由への道

【21年度2度目】セミリタイア目標値再設定と考え方

1月に以下の記事で2029年にセミリタイア達成見込みとして目標値を算出しました。算出目標としては配当金目標160万円/年としています。

セミリタイア目標値の設定見直し理想とする生活スタイルに向けて自分の意識を変えながら少しずつ具体的にどうしていきたいかを考えられるようになってきました。 基本的に...

ですが、改めて支出計算したところ、本当にそこまでお金が必要なのかという疑問が生まれた為、改めてセミリタイア目標値を算出しました。

大事なのはあくまで時間>お金

目標値を考える為に前提条件を考えます。何の為にセミリタイアするのか、セミリタイア後に何をしたいのかです。

ほとんどの人が思うのは週40時間(最低)労働といった他人に縛られる生活から逃れる為です。あとは自分の趣味、またはやりたい仕事に従事する為にはまずは生活出来るだけの資金があれば心置きなく没頭出来るというものです。

2029年だとギリギリ30代の39歳ですが、本当にそれで良いのか、できれば30半ばまでには達成したいと思えるようになりました。

完全にお金を稼ぐということから逃れるのが目標ではなく、あくまで”セミ”リタイアを目標としているのであればもっと少ない金額で、最低限不自由なく生活出来るだけの資金があれば良いじゃないかというのが導き出した結果です。

改めて考えた目標値

そんなこんなで新たに設定した目標がコチラ。目標配当金は120万円/年です。3,500万円くらいあればそれが達成出来ると判断しています。2025年6月頃には達成見込みですが、相場状況によっては前後するかもしれません。

最低限の人間らしい生活ができればあとは時間という大切な資産を基に幸福や豊かさを追求していくつもりです。

セミリタイア初年に金融危機等で市場暴落に合ったときは以下の記事のように防衛資金にて出来るだけ配当金は投資にまわしていく方針でいます。

リタイア時に市場暴落局面に遭遇したらどうするか完全リタイアするにしてもセミリタイアするにしてもリタイア時期に暴落をした場合はどうすれば良いでしょうか。 年間生活費25倍、4%ル...

まとめ

結婚せずにどこかの田舎の1軒家を購入して生活する前提です。もちろん、その間にパートナーに出会えたり(人嫌いなのでほとんど無いと思いますが)すれば見送りは十分考えられます。

私のセミリタイア達成に向けては質素な暮らし、結婚しない、子供を得ないを「選択」して得ようと計画していることです。私が選択しなかったことをしている方々は遅い早いはあれど、各々に合った目標、計画を立てることで同様に経済的自由を勝ち取ることが出来るでしょう。

☆日々の継続こそが心身向上の糧☆

クリックが励みになります☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA