投資全般

保有している金融資産の洗い出しと有用性について

経済的自由を目指すためにはキャッシュフロー・クワドラントを改善する他ありません。改善に向けて投資や事業をしていくことが非常に重要なことは明らかですので私の保有している全資産を改めて確認して何をするのがベストかを考えていきます。

キャッシュフロー・クワドラントとは

何度も私のブログで紹介していますので下記記事参照ください。

キャッシュフロー・クワドラントで自分の立ち位置を把握してみようセミリタイアを目指す上でキャッシュ・イン・フローの目標から現在自分の置かれている状況を把握し今後の方針を決定していく事が大事です。 ...

この中で自分があくせく働かずに人や企業に頑張って働いてもらって利益の一部を分けてもらうことで自身の生活費を賄うことが経済的自由になるための条件です。どんどん会社員や自営業の金銭依存を少なくして事業や投資による金銭依存を多くしていくことが大切です。

保有資産の洗い出し

次は保有資産の洗い出しです。不動産はあまり重要視していないので毎月の資産公開やセミリタイア生活のための資金として考えていないです。株がだめになったときの保険のようなイメージなので公にしていませんでした。

まずは去年の4月時点での内訳です。

不動産はやはり金額が大きいため4分の3を占めています。そう簡単に増やせるものでもないですから割合は徐々に減っていくことでしょう。

次に今年の6月時点での内訳です。

海外株が倍に増えて現金も多少なりとも増えた感じです。それでも5分の3は不動産を占めているので保険としてはもう少し小さい割合にアセットアロケーションを組みたいところです。セミリタイアの時点で不動産30%程度、海外株~50%程度にしておきたいところです。債券を保有するかと言われると今の御時世だと確実ではなくなってきているため、債券を保有するなら金や仮想通貨を持つことを考えるくらいですね。

このように推移を見えるようにするのと、自分の理想アセットアロケーションを考えておくと次に何を重視して買い増ししていくことが大切かわかってきます。

不動産はレバレッジを効かせやすい反面、じっくり腰を据えて取り組む必要がある資産なのでそれなりに勉強が必要ですが、様々な資産を持つことはあらゆる経済危機に立ち向かう準備として必要になってきます。まぁ最近はすべてがつながっているので効果は薄れてきているように感じますが。

まとめ

国家が紙幣をどんどん印刷するのは今後も継続していくため、貨幣価値はどんどん下がっていきます。モノの価値が上がるというより貨幣価値が下がっているのが正しい言い方です。この事象に対抗するには現金や海外紙幣を保有せずに資産価値のあるものを購入する他ありません。

理想的なアセットアロケーションを維持するように毎年資産組み換えをしていけば少々の金融危機でもなんとか乗り越えられるかと思います。今の自分は不動産が大暴落したら大打撃を食らうので株式を素早く拡大していくほか道はありません。

☆日々の継続こそが心身向上の糧☆

クリックが励みになります☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA