人生観

キャッシュフロー・クワドラントで自分の立ち位置を把握してみよう

セミリタイアを目指す上でキャッシュ・イン・フローの目標から現在自分の置かれている状況を把握し今後の方針を決定していく事が大事です。

資本主義社会の現在において資産やビジネスを持つ事が資本主義というゲームで勝つ為の攻略法になります。『金持ち父さん貧乏父さん』でキャッシュフロー・クワドラントの話が出てきますので私の現状を当てはめて現在足りない物が何かを意識付けしていく事にします。いろんなキャッシュフローが大事だと理解しているけど具体的に何をすればいいかわからない人にとって参考になればと思います。

キャッシュフロー・クワドラントとは

そもそもキャッシュフロー・クワドラントという言葉は『金持ち父さん貧乏父さん』の著者であるロバート・キヨサキ氏が提唱しているものです。

キャッシュフロー(cashflow):お金の流れ

クワドラント(quadrant):四分の一、四等分

キャッシュフロー・クワドラントはお金の流れについて4分割したものと捉えておけばOK。その図式が下記になります。

分け方は大きく2つで自分自身が働くか自分以外が働くかです。

E:Employee(従業員)・・・雇われてお金の為に自分自身が働く
S:Self Employee(自営業者)・・・自分からお金の為に自分自身が働く
B:Business Owner(ビジネスオーナー)・・・自分以外(お金や人)に働いてもらう
I:Investor(投資家)・・・自分以外(お金や人)に働いてもらう

現状把握してみる

自分のキャッシュフロー・クワドラントを図化

私個人のキャッシュフロー・クワドラントを以下に図式しました。

2年くらい前までは株式投資の比率もほとんどなかったのでその時は実質Eのみでした。しかし、現在では徐々に右の自分以外が働く事に移行し始めています

一つ一つ説明していきます。

①~④は始めた順番です。会社員になってから株式投資を始め、区分マンションに手を出し、ブログを収益化するよう始めました。

およその金銭依存度を比率で表していますが個人的な主観です。とは言うもののほとんどがサラリーマンとしての給与に依存している事実は変わりません。

時間拘束も表示しています。平日は専らサラリーマン業に従事している事がわかります。どちらかというとずっと続けられるSを育てていきたいので徐々にEの時間拘束を小さくしていきたいですね。

時間拘束についてはやはりほとんど活動していないにも関わらずBとIがだんだん大きくなっていくことが予想出来ますね。

今後の方針立て

やることは今までと変わらずIの株式投資へサラリーマンで得た給与を定期的に積み立てていきます。Bに関しては勉強していきつつ保有分が安定するか様子見です。新しいビジネスに参入するかどうかは色々な情報にアンテナを張って腹落ちした状態で臨むようにします。

月並みな方針ですが要するにBとIをどんどん拡大していく事を今後の方針として引き続き活動を続け、キャッシュフローの種類を増やしつつそれを大きくしていきたいですね。


まとめ

いかがだったでしょうか。

キャッシュフロー・クワドラントを初めて見る人もいい加減見すぎて飽きたという人も一度自分の立ち位置を把握してみるのはどうでしょうか。

まだまだサラリーマン依存度が高いので30半ばまでには半分くらいに依存度を減らしたいものです。

☆日々の継続こそが心身向上の糧☆

クリックが励みになります☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA