心と体

緊急事態解除に伴う個人的な変化

もう何度目か忘れた緊急事態宣言が解除されてから2週間ほど立ちましたが、色々と変化してきたので心情とか残しておこうと思います。

在宅勤務増加と運動不足になりつつあった

在宅勤務が非常に増えた1ヶ月でした。ようやく本格的な在宅勤務でしたが休憩せずに黙々とパソコンとにらめっこできてしまうため、いつもよりかなり目が疲れてしまいます。さらに意外と毎日通勤のために歩いたり階段昇降するだけでもいい運動になっていたんだと実感ができます。

解除すぐに水泳場に

ランニングは好きじゃないため、緊急事態宣言解除後すぐに水泳場へ足を運んで1ヶ月のストレスを爆発させるように泳ぎまくりました。

日頃の通勤がなくなりほとんど動かなくなってストレスも限界に近づいていたころに泳ぎが再開できたことで非常に心身ともに清々しい気持ちになりました。

日頃からできるストレス発散方法を考えるべき

今回の件で普段からストレス発散できる方法、しかもあまりお金をかけずにできることを模索する必要があると考えました。筋トレだけではあまりストレス解消にはならず、週一回でも全身を使った運動が大事なのだと実感しました。

そういう意味ではラジオ体操やストレッチなど全身をくまなく動かしたり伸ばしたりできるものがいいのかもしれませんね。

まとめ

現代人は運動不足ですが、このコロナ禍で更に運動不足という人は多いでしょう。私もその一人になりつつありました。非常に怖いことなのでランニングではなく散歩や体操などを取り入れたほうが良いのかもしれません。

いつもと違うことをするだけで意外とストレス発散につながるのもいいですね。

☆日々の継続こそが心身向上の糧☆

クリックが励みになります☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA